新米為替トレーダーの外国為替トレードブログ FX相場に関するニュース・話題、FXトレード独り言や外国為替予想。トレードスタイルはデイトレード、取引通貨はポンドドル・ポンド円・ユーロドル・ユーロ円。
--/--/--/--:-- --曜日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
2006/03/23/02:37 木曜日
円は依然として強くドル・ユーロ・ポンドは本日の安値近辺での推移。ポンド円は前日・前々日のようにはいかず再度下を狙う展開が続いている。円はまだ強いが15分足モメンタムが反転して来たので204.10に到達した時点で買いに入る。
リミットは204.38、ストップは203.88
ポンド円 ユーロ円デイトレード | CM:0
2006/03/22/23:44 水曜日
もっと下げると思ってましたが204.30台まで戻しましたね。過去二日間のチャート見れば分かると思いますが、前日・前々日も22:00頃にポンド円は下落し、その後ニューヨーク勢が入ってくると約2時間でその下落分を上回る上昇を見せている。ユーロ円、ドル円も同様。本日も同じ様に再現されるのだろうか。さっき気付いたのでもっと早く気付いていればもう少し早く買いを入れてたかもしれない、なんて考えるがその材料だけではなかなか買いには回れませんよね。あれだけ勢いよく落ちてれば。
外国為替デイトレード独り言 | CM:0
2006/03/22/22:57 水曜日
ポンド円は上昇トレンドラインを下回り、ドル円の117円割れをきっかけに203.92まで勢いよく下落。ドル円、その他のクロス円も同様に円買い圧力が強い。ポンド円が203.50から203.60まで下げた時には買いに回ろうと思う。リミットは30ポイント程上、203.68で買えたら204.98を利食い目標値としてみる。
ポンド円 ユーロ円デイトレード | CM:0
2006/03/22/20:54 水曜日
18:30に発表されたBOE議事録は8対1で金利据え置きを決定とう内容。ポンド円は一時は205円台に乗せるもののすぐ戻され、その後204.38まで下落した。本日は安値は更新してきたが3月20日安値202.74と3月21日安値203.58で引いた上昇トレンドライン(204.42)を若干下回った程度。もしこのトレンドラインを下抜けるようだと203円台の後半までの下落はありそう。1時間足・2時間足ともモメンタムは弱気で1時間足ではモメンタムはマイナス圏。トレンドラインを下抜けずに反発したとしても先ほどのポンド単独上昇のようにドル円・ユーロ円が上昇しない限り、たいした上昇は期待できず一時的な上昇となりそうでそのポンド単独上昇が確認できた時は逆張りが良さそう。
ポンド円 ユーロ円デイトレード | CM:0
2006/03/22/17:22 水曜日
欧州外為市場はポンド買いからスタート。ポンドドルは1.75台に上昇、ポンド円は205円台乗せてきた。一方ポンド上昇時の他通貨ペアの大まかな流れを見てみると、ユーロ円は下降気味、ユーロドルは横ばい、ドル円は下降気味。つい最近もこのようなポンド単独で上昇、下降することがあったがその時の流れは長続きしなかったような記憶がある。ポンドが単独で上昇/下降したときに、ユーロ円、ユーロドル、ドル円がいずれも同調するような動きを見せないときは逆張りトレードが有効かもしれない。
外国為替デイトレード独り言 | CM:0
2006/03/22/14:16 水曜日
ポンドドル1.7476で買いエントリー。リミットは1.7498、ストップは未定。今後、今日の安値1.7451を下回った場合、下げ止まり反発したのを確認できた時には再度ポンドドルを買い増し。
本日は18:30にBOE議事録が公表される。
ユーロドル ポンドドルデイトレード | CM:0
2006/03/22/13:27 水曜日
ポンド円はレジスタンス204.50を上抜け、一時は205円台まで上昇。現在は横ばいからやや下降傾向。下値サポート水準は4時間足18EMAの204.46から204.50、第二サポートは3月20日安値の202.74と203.58で引ける短期上昇トレンドラインで現在値は204.19。
ポンド円 ユーロ円デイトレード | CM:0
2006/03/21/23:43 火曜日
ポンド円はなかなか一方方向に下げるという動きになりませんね。先ほど203.58まで下げたが、結局204円台に上昇。上下値幅もやっと約1円といった感じで動意薄。下値を切り下げてるものの戻し(上昇)もそれなりにあるといった感じで利食いは小さめに回転きかせてトレードした方が取れそうな相場ですね。ポンドドルもポンド円も予想していたよりも下げる勢いが鈍いようですね。と言ってる間にポンド円204.18に。204.50から204.55を上抜けて来た場合、売り方は注意が必要。
ポンド円 ユーロ円デイトレード | CM:0
2006/03/21/23:05 火曜日
本日は東京外為市場は休みで欧州時間に入っても静かな相場が続いていたが生産者物価指数の発表をきっかけに大きく動き出した。22:30に発表された米経済指標の生産者物価指数はマーケット予想を下回る-1.4%と悪い数字に。それを受けてドル円は116.24まで下落。ポンド円は203.58まで下落した。ユーロドル、ポンドドル共に指標結果を受けて一時ドル売りが入ったものの、その後反転下降しユーロドルに関しては本日安値を下回る下落。
外国為替デイトレード独り言 | CM:0
2006/03/21/17:43 火曜日
ポンドは対ユーロ、対ドル、対円で売られている。ポンドドルは昨日書いた下値支持水準付近の1.7476で一旦は下げが止められた感じ。この支持水準は日足18EMAであり、これを下抜けるようだと1.73台が視野に入る。ポンド円は本日安値203.94を下回り弱気に。ドル円が下げずに116.60台で推移しているのが気になるが、ポンド円売りでの利食い目標値は203.38。
ポンド円 ユーロ円デイトレード | CM:0
2006/03/21/16:35 火曜日
フランス経済指標
16:45 2月消費支出,1月経常収支
イギリス経済指標
18:30 2月消費者物価指数,2月小売物価指数
カナダ経済指標
22:30 1月小売売上高,2月景気先行指数
アメリカ経済指標
22:30 2月生産者物価指数
今日の経済指標 | CM:0
2006/03/21/14:50 火曜日
ユーロドル-テクニカル分析
ユーロドルは3月10日の安値1.1859から17日まで上昇し、1.2207をつけた。1.22台に乗せたもののそこからは伸び悩み、現在は1.21台中盤から前半で取引されている。モメンタムは1時間足,2時間足,4時間足共に0ラインを下回りマイナス圏に突入。短期的には下降トレンド。日足のスローストキャスティクスは買われ過ぎ水準に到達後に売りサインが点灯。2時間足ではボリンジャーバンドのLowバンドに下ヒゲは伸ばしているものの価格が張り付いている。自分の今までの経験ではこういう状態の時は戻りが小さく下げがしつこい。下値目標は1.2050
ユーロドル ポンドドルデイトレード | CM:0
2006/03/21/14:00 火曜日
ポンド円デイトレード-テクニカル分析
昨日のNY外為市場では前日の安値を下回る202.74をつけた後に反転上昇。ドル円の強力なサポートである115.50付近でドル買い円売りが大量に入った事もポンド円上昇要因の一つ。現在は15分足89EMAがサポートとして、そして上値抵抗は204.70から204.74。短期的見ると徐々に下値を切り上げて来ているものの15分足モメンタム弱含みを見せている。現在は様子見で本日の高値、安値どちらかをブレイクアウトしたらその方向について行こうと思う。
ポンド円 ユーロ円デイトレード | CM:0
2006/03/20/22:55 月曜日
ポンドドルを売りそびれてしまった。最初は1.7578付近で売りに入ろうと思ったが、その後、売りに入る水準を1.7590台に修正してしまった。結局、そこまで上昇する前に1.7526まで下落した。まあよくある話しですが、最初に下した判断(ストップ、リミット、エントリーポイントなど)を変更してしまうとろくなことがないような気がする。最初の自分の判断を信じるか、それとも相場の様子を見て判断を修正するしそれに従いトレードするか。難しいところですよね。
外国為替デイトレード独り言 | CM:0
2006/03/20/17:04 月曜日
ポンド円204.21付近で何回も押し戻されてますね。なかなか上抜けない為しびれをきらして先ほどの、ポンド円204.00での買いポジションを204.10で利食い。次はポンドドル売りを計画中。レンジ上限辺りの1.7578で売ろうと思ったがいつもポジション建てるのが早すぎて悪いコストで取引する傾向があるので少し様子見。と書いてるうちにポンドドル1.7585をつけた後1.7561まで下げている。
外国為替デイトレード独り言 | CM:0
2006/03/20/15:30 月曜日
現在のポンドドルは1.7572から1.7531のレンジ相場となっており、5分足では89EMAの上抜けに挑戦。12:30,14:30,15:00と89EMAを上抜けるも終値ベースでは89EMA以下に戻されている。この水準を抜けるようだとレンジ上限である1.7570付近が次の上値抵抗。それを超えると17日につけた高値1.7594。2時間足モメンタムを見ると15日1:00をトップとして下降トレンド、現在は0ラインを割ってきている。また日足ではスローストキャスティクスが買われ過ぎ水準から%Dが%Kを下抜き売りサインに。1.7594まで上昇するかはわからないがその付近まで上昇した場合は売りが良いかもしれない。ポンドドル下値支持水準は1.7470から1.7475。
ユーロドル ポンドドルデイトレード | CM:0
2006/03/20/14:51 月曜日
2時間足18EMA辺りでは戻り売りが入ってるようだ。金曜に買ったポンド円204.73を204.07で手仕舞い。204.00で再度ポンド円買いポジション建て。ストップは203.70、リミットは204.45。
外国為替デイトレード独り言 | CM:0
2006/03/20/12:17 月曜日
おはようございます。北海道は昨日まで雪も溶けて春うららだったのですが今日は外は昨日夜中から降った雪が積もって冬景色に変わってしまいました。
さて、ポンド円は204円台に乗せてきました。先週金曜のNY時間にポンド円買いポジションのリミットは204.25、このリミットは204.45に変更。
ポンド円-テクニカル分析
30分足89指数平滑移動平均線の204.29を超えられるかがポイントか。1時間足を見てみるとボリンジャーバンドに価格は到達、1時間ローソク足が陰線にならずにこのまま13時までボリンジャーバンドの上で推移するようだと強気シグナル。
ポンド円 ユーロ円デイトレード | CM:0
2006/03/20/00:12 月曜日
18日、フランス各地で新雇用促進法の撤回を求めてフランス各地で労働組合、学生ら約50万人がデモを実施。パリでは警察隊と一部で暴徒化した若者らと衝突し双方に負傷者が出た。
国内/海外/為替ニュース | CM:0
2006/03/18/12:18 土曜日
円買い基調は変わることなく結局、ドル円、クロス円共にほぼ安値圏でニューヨーク外為市場も幕を閉じた。ポンド円買いポジションを建てたものの、もう少し下で買えたどろうにと考える。ポンド円買い後に203.21まで下げた時はひやっとしたがそれ以上下げることはなかった。金曜日は一方方向に動き易い日のような気がしますね。それでは来週も良いトレードと良い週末を。
外国為替デイトレード独り言 | CM:0
2006/03/18/01:18 土曜日
ポンド円203.73で買い。リミットは204.25、ストップは未定。
それにしても下げましたね。下げ一辺倒だったのが米経済指標をきっかけに乱高下。金曜日という事もリミットの204.25まで上昇する力があるかどうかも微妙。取りあえず週末持ち越してもいいという考えでポジション建てました。
ポンド円 ユーロ円デイトレード | CM:0
2006/03/17/23:05 金曜日
ドル円、クロス円共に円買い。ドル円・クロス円下げ続けてる感じですね。ポンド円は本日高値から2円以上の下げ。ドル円は約1円20銭の下げ。ドル円チャートを見ると滝の様に目立った戻しもなく下げてますが、経済指標発表後の利益確定のドル買い戻しは起こるでしょうかね。
外国為替デイトレード独り言 | CM:0
2006/03/17/17:21 金曜日
いやいやあっという間にポンド円買いポジションでストップロスに引っかかってしまった。米経済指標結果が出るまで様子見でいようかな。いいわけじゃないが金曜の取引は勝率が悪い気がする。今日の米経済指標は22:30に鉱工業生産、23:15に設備稼働率、23:45にミシガン大消費者信頼感指数。金曜日のトレードは私もダメ!って人いますかね?
外国為替デイトレード独り言 | CM:0
2006/03/17/15:25 金曜日
昨日からドル円が117円を割り込んで弱含んでいるのが気になるが、ポンド円をレンジ下限204.70より10銭上の204.80で買い。本日も205.70から204.70でのレンジ相場もしくは205.70を超えて来ると思ってますが、米経済指標結果によって状況は変わるかもしれませんね。リミット・ストップは前記の通り。訂正-買い値204.88
外国為替デイトレード独り言 | CM:0
2006/03/17/13:24 金曜日
昨日はロンドン外為市場からニューヨーク外為市場の後半にドル売りが進んでユーロドルは1.2189、ポンドドルは1.7594まで上昇した。そんな中でユーロ円も堅調に推移し142.46まで上昇した。ポンド円はレンジ上限の205.70近辺まで何度も上昇するが抜け切ることは出来ずに現在も205.70から204.70のレンジ相場となっている。
ポンド円については204.80から204.90の間で買いに入りたいと思う。
リミットは205.40 ストップは204.56。
ポンド円 ユーロ円デイトレード | CM:0
2006/03/16/19:48 木曜日
英国の2月小売売上高は0.5%、ユーロ圏の消費者物価指数は0.3%とほぼマーケット予想通り。18:30の英小売売上高発表前に205.80まで上昇したが指標発表後は利益確定の売りが入ったようで下落。レンジを完全に抜けるには至らなかった。ユーロ円は堅調で142円台乗せ。ユーロポンドでのユーロ買いも結構入ってるようだ。対ドルでもユーロは強く1.2088まで上昇した。
外国為替デイトレード独り言 | CM:0
2006/03/16/17:25 木曜日
英国経済指標
18:30 2月小売売上高指数
ユーロ
19:00 2月消費者物価指数
カナダ経済指標
21:00 2月消費者物価指数
スイス経済指標
22:00 SNB政策金利発表
米国経済指標
22:30発表
2月消費者物価指数 2月住宅着工件数 2月建築許可件数 新規失業保険申請件数
26:00 3月フィラデルフィア連銀指数
今日の経済指標 | CM:0
2006/03/16/15:25 木曜日
ポンド円とユーロ円の3月の傾向を見てみると
ユーロ円は過去5年間では上昇率は60%、過去10年間でも60%
ポンド円は過去5年間では上昇率が80%、過去10年間でも80%となっている。過去の為替相場を見る限り、ポンド円相場は3月は強気相場が多いようだ。ポンド円は85年から05年までの上昇率を見ても71.4%と非情に高い確率で3月は上昇傾向にあることがわかる。
ここでいう上昇率とは月初めの価格より月末の価格が上回っている確立の事です。他の月、他の通貨ペアに関しては各通貨ペアのFX月別傾向を参照して下さい。
ユーロドル ポンドドルデイトレード | CM:0
2006/03/16/12:42 木曜日
ポンド円は204.70から205.70のレンジ相場。14日23時に204.63まで下落するがすぐ戻され、16日1時に204.69をつけるがこれもすぐ戻されてダブルボトムぎみに。上値を見てみると15日9時につけた205.66、本日9時につけた205.70、共に反転下降しダブルトップ気味に。204.70を下抜けるのか、それとも205.70を上抜けるのか注目。レンジ上限の205.70をブレイクアウトした場合、206.05から206.15が抵抗水準。一方、204.70をブレイクアウトした場合、203.70から203.80が支持水準になりそう。
ポンド円 ユーロ円デイトレード | CM:0
2006/03/15/18:25 水曜日
ユーロ円上昇してきましたね。30分足89指数平滑移動平均線141.44と本日の高値141.50を超えてくるかが注目。しかし、4・8時間足モメンタムは共に3月7日につけた高値141.36を昨日更新したにも関わらず、3月6日の数値をTOPとして下降気味、4時間足ではモメンタムはマイナス圏に。買いに入ろうと思ったがモメンタムが気になった。モメンタムは相場に先行して動く特徴がある。取りあえず少しは上昇しそうなので141.50を超えたら買いに入って30銭から40銭程で利食いしようかと。利食いポイントは今回は感覚的?直感?で決めてみました(笑)
ポンド円 ユーロ円デイトレード | CM:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。