新米為替トレーダーの外国為替トレードブログ FX相場に関するニュース・話題、FXトレード独り言や外国為替予想。トレードスタイルはデイトレード、取引通貨はポンドドル・ポンド円・ユーロドル・ユーロ円。
--/--/--/--:-- --曜日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
2009/04/27/17:33 月曜日
先週から、非常に神経質な相場展開となっていますね。

さて、http://www.gci-klug.jp/klugview/2009/04/25/005249.phpにて
「金融庁は、証拠金倍率(レバレッジ)の上限を20倍から30倍前後とする方向で調整するそうです。」
「金融庁が証拠金倍率(レバレッジ)の上限を規制する理由は、各種メディアが報じるように、高い証拠金倍率(レバレッジ)によって多額の損失を被る可能性があるからではありません。FXならではのロスカットルールが何らかの理由で正確に機能せず、高い証拠金倍率(レバレッジ)を容認したことで、想定以上の損失をFX投資家に与える危険性があるほか、その結果、FXを提供するFX会社の破綻リスクが高まるからです。」

とのこと。

ロスカットが正常に機能しないというのは問題ですが、レバレッジは自己の判断で設定するものであり、現状でも20倍、30倍のレバレッジで取引することは可能で、個人的にはレバレッジ制限について否定的です。あらゆるリスクを認識した上で取引するのが原則。

また、多額の資金があれば証拠金が増えても影響は少ないかもしれませんが、少額資金で取引に参加している人にとっては、増額された証拠金に対応できず、今までの取引額から大幅に取引額を減らさざるおえない事になるでしょう。

くりっく365では業者によってはレバレッジ100倍で取引できる業者もあり、税制の面でもくりっく365の方が有利となっており、くりっく365との不公平さも残ります。
レバレッジ規制してしまうのであれば、この辺の不公平さも是正してほしいものです。
くりっく365に”客”を流すためではないでしょうし。
スポンサーサイト
外国為替デイトレード独り言 | CM:0
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。